2009年11月30日

大道芸アジア月報12月号アップ


harukomaIMG_1778.JPGアジア月報、12月号ができた。今月は三冊の本を紹介。「おーい、寅さん」小泉信一著。「神楽に出会う本」三上敏視著。「果てしなきサーカスの旅」西田敬一著。また、来春の1月3日には、「はるこま七福神めぐり」を行ないます。その告知もしています。
posted by zatugei at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑芸団の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

中野区でお神楽展

KC330042.jpg中野区立歴史民俗資料館で今日まで「お神楽展」が行なわれていた。今日は萩原正義社中のお神楽講座もあって見に出かけた。同館名誉館長の三隅治雄先生が最初にお話。萩原社中と中野区について詳しく解説されて、興味深かった。それにしても三隅先生は話がうまい。約30分ぐらいだと思うがメモを取りながら聞いてしまった。講座はニンバの太鼓とモドキの踊り。じつはこの講座は3回連続で、今日は3度目。私以外の人たちは二度習っているので、だいぶ馴れている感じ。最後に社中で足人形を演じる方がニンバで踊ってみせてくれて終わった。小さいが展示もおもしろく、楽しい一日だった。

posted by zatugei at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

湯島聖堂

KC330039002.jpg湯島聖堂。江戸時代は昌平坂学問所。幕府の最高学府です。同時に明治の初めには、文明開化の見世物とも言うべき博覧会が行なわれ場所でもある。写真は、その象徴である孔子さまの像。事務所の裏にあって、散策の人たちが記念写真を撮っていた。その事務所、斯文会館で見世物学会の本年の例会が行なわれた。記念講演は妖怪について。湯本豪一さん。妖怪史料の収集でも知られる研究家。一般的な妖怪から幻獣を分けて考えたいとのべ、この幻獣と見世物とが関連が深いのでは・・・ともおっしゃっていた。入方興行の「あやめが池の河童」を思い出した。各地に残る人魚のミイラも見世物や開帳に使われたといわれるものもある。確かにその通りだろうとおもった。

posted by zatugei at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

サーカスファンの集い

SN3J0217.jpg国際サーカス村協会の集まりがあった。同協会の西田さんと大野さんが見てきたスイスのヴァリエテとMONTIサーカスの報告。ヴァリエテはスイスの人気コメディアンUrsus&Nadaschkinが主催するショーで、日本公演を行なったこともあるBPズームもゲストで出演している。日本のダンスコンビHilty&Boschも出演しており、そのコーディネートを大野さんが行なったのが見に行ったきっかけとのこと。フール祭の参考になったらしい。ショーに出ていたDuo Iroshnikovがものすごくよかったという。あとでyouチューブを見てみよう。Montiサーカスは演出が気になったようだ。サーカスの演出は難しいと思う。

posted by zatugei at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サーカス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

春駒作戦

SN3J0216.jpg正月の春駒で配布する縁起物作り。昔の内職仕事みたいな感じで、のんびりと作業したが、そろそろラストスパートに入りそう。昨日yahooニュースにでていたハッチ君が亡くなってしまった。やはり多少むりしても見に行っておくべきだった。反省。また、森林生態学の四手井綱英先生が亡くなった。97歳とある。昨年、猿舞座の木馬亭公演の後、村崎修二さん、耕平君にご一緒させてもらって山科のお宅を訪問した。体調のいい日には自宅の庭を車椅子に座って日がな一日眺めているとおっしゃっていた。その庭には日本中の草木が植えられてあるとのこと。日本中の山林を歩き植林をされていた先生の小宇宙なのだと思った。

posted by zatugei at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑芸団の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

ハッチ君

SN3J0215.jpgたまたまyahoo!ニュースをみたら、カンガルーのハッチ君が元気がない、と出ていた。ハッチ君というのは長野県須坂市の動物園の人気者で、先日須坂市に行った折、町一番の人気者であると知った。本当は動物園にも行きたかったのだが、時間がなくてかなわなかった。しかし公演が終わった後、市長さんがわざわざそのミニチュアのついたストラップをプレゼントしてくれて、大喜びで持ち帰ったものだ。ニュースのタイトルを見たときは、よもや・・・と思ったが、記事の内容はさほど緊急というほどのこともなく、安心した。次の機会には会いに行こう。

posted by zatugei at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

みかん豊作

SN3J0214.jpg我が家の玄関先に、隣家のおばちゃんが丹精こめて育てているミカンの木がある。毎年この時期になると実っているが、今年も昨日、収穫していた。家を出るとき、挨拶すると、「これ持っていきなさい」と分けてもらった。昨年よりだいぶ豊作。食べても想像以上においしい。東京でもミカンの栽培ができるというのも、地球温暖化の影響だろうか。

posted by zatugei at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

花園神社

KC330039001.jpg新宿花園神社の酉の市。明日が二の酉。今日はその宵宮で夕方、神社に参詣するともうたいへんな人出になっていた。飴細工屋さんは大忙しでその職人芸をみる人たちで黒山の人だかりで、後ろから覗くこともできない。見世物小屋にまわると、こちらはどうやら今しがた入れ込んだところらしく、入り口の前には子供達が数人たむろしているだけ。その子供達を相手に呼び込みのお姉さんが「蛇をさわってごらんよ」といいいながら、蛇の入ったふたをあけているところだった。男の子は及び腰だが女の子は積極的に蛇をなでている。そんなことをしているうちに、すぐに人が集まってきて、自然と呼び込み口上が始まり、太鼓が鳴り、ベルが鳴って、吸い込まれるようにお客が小屋に入っていく。わたしも彼らと一緒に中に入ると、もう満員御礼状態。いつもはもうすこしのんびり進行するところ、今日は早い早い。同じ演芸内容だが、テープの早回しのように演じていく。呼び込みのベルと演芸の終了とがぴったりと一致していて、気合が入っていることが良くわかった。一の酉が雨で人出が薄かった分を取り戻しているのであろう。帰りにちんどん屋さんのTさんと顔を合わせた。子供達と一緒で、赤ちゃんのときからの常連さんで、蛇をつかんで大喜びだった。将来が楽しみな光景だった。

posted by zatugei at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

特急 燕

SN3J0213.jpg旧新橋停車場・鉄道歴史展示室で「特急”燕”とその時代」という展示が行なわれている。そこに永松武雄の「黄金バット」原画が展示されていると、S市の紙芝居研究家・虫六さんのブログでしり、早速見に行ってきた。汐留の日テレや四季シアターのすぐ近くなので、このあたりには良く行くのだが、鉄道展示室を訪ねるのは初めて。この再建した建物全部が展示室かた思ったら、ほとんどがレストランライオン。それだけ砕けてはいるので、入りやすい。驚いたのは入場無料だったこと。先日の北長野の中山晋平記念館や高野辰之記念館の300円より、内容はずっと濃い。国鉄スワローズの名前の由来を初めて知った。新幹線ができるまでは国鉄の象徴だったこの特急が、なんとなくだが、好きになった。問題の「黄金バット」は二枚展示してあった。現在の紙芝居の大きさよりだいぶ小さく、また丁寧に描かれていることも驚きだった。いつごろのものなのか、上から引き抜く形らしい。毎週、この絵は展示替えしていたようだ。惜しいことをした。もっと何枚も見てみたいと思った。

posted by zatugei at 17:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

穴は掘れないよ

KC330037001.jpg夏水クン、舞台に出た途端にマイクジャックの蓋を発見。さっそく指でこじあけて満足そうです。さらにその奥に顔を突っ込み、腕を突っ込んで、興味シンシン。土だったら石でも出ますが、残念ながらここは舞台です。

posted by zatugei at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のお弁当

KC330041.jpg凄い! こんなものすごい弁当は生まれて初めて。

posted by zatugei at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やる気満々

KC330040.jpg1時からセレモニーが始まる。村崎修二さんは今日は歌うつもりのようだ。楽屋で練習しております。

posted by zatugei at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ホール

KC330039.jpg長野県須坂市で。やはり人権運動の集まりでの公演。会場は大ホール。いつもの神社やお寺の境内とは大変な違いです。

posted by zatugei at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

毛づくろい

KC330034002.jpg13時からの公演は近藤院長からのリクエストで私の芸もたっぷりやることになった。お客さんには気の毒とも思ったが、クライアントの要求とあらば、やります。通常より20分は長いので70〜80分の長演。それでも100人以上のお客さんは拍手と声援で見守ってくれた。ありがたい公演だった。

posted by zatugei at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南信病院

KC330038.jpg昼過ぎから病院で慰問公演。日本晴れ、暖かいので院庭でやることになった。

posted by zatugei at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

再流の記録映像

KC330037.jpg10月25日の再流公演の記録映像を網野さんが持って来てくれた。今晩は集まって鑑賞する。

posted by zatugei at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

ミツマタ

KC330033004.jpg身延の宿舎は紙漉き作業場で、庭に紙の原料となるミツマタが植えてある。いつごろ、どのように処理するものか知らないが、いまは先端に綿のような繊維がついていた。

posted by zatugei at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

本来の旅の食事

KC330036.jpg暗くなったころ、山梨県身延の知人の作業場に到着。この宿舎に3泊する。昨日までは大名のような食事だったが今日はホカホカ弁当。

posted by zatugei at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪!

KC330033003.jpg北長野から山梨県に移動。長野市、松本市とつうかし、塩嶺峠では雪が降っていた。さて、我々はこの難局を乗り越えられるか?

posted by zatugei at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

緊張をほぐして

KC330033002.jpg会場は1500人以上入る大ホール。大きすぎてなんとも緊張する舞台でした。なるべく前に来てもらって始めた。800人ぐらいはいただろうか。5分10分とたつうちに緊張もほぐれて、最後はみな大喜びでした。

posted by zatugei at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする