2010年01月31日

伊勢大神楽無事終了

SN3J0479.jpg神田明神で伊勢大神楽の奉納、無事終了!伊勢大神楽講社・加藤菊太夫社中による参拝と奉納。11時過ぎから本殿において参拝し、剣の舞(一部)を奉納。その後、本殿前の石畳において神楽を奉納した。開演前に大阪城博物館の北川央氏の伊勢大神楽の解説。伊勢大神楽は江戸の太神楽の源流の一つであるが、伊勢大神楽単独では百年以上ぶりの出来事と述べた。今日の演目は、鈴の舞、四方の舞、跳びの舞、扇の舞。ここまでが獅子舞。次に綾採りの曲(放下芸)の一部が入って、お客さんをなごませ、吉野舞。次に剣三番叟。刀とつかったジャグリングに道化がからむ最もポピュラーな演目。次に伊勢大神楽が一番おもきを置く神事性の強い獅子舞・神来舞。最後に魁曲。獅子が台となる男の肩の上に立って、着物を着て化粧をして花魁に扮して道中をするという、伊勢大神楽の花形演目。国立劇場では1頭だったが、ここでは2頭で道中した。約一時間の奉納。国立劇場とは一味ちがった、青空の下での公演。快晴にめぐまれ、風もない暖かい一日で、まれにみる大神楽日和で、お客さんも大喜びだった。

posted by zatugei at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 巡業記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

国立劇場で獅子舞

KC330082.jpg国立劇場の舞台で伊勢大神楽の魁曲をリハーサルする加藤菊太夫組の写真。昨日の東海道新幹線の事故で新富士駅で立ち往生し、リハーサルができなかった。この日は簡単な打ち合わせの時間しかなかったが、これだけはやらないわけにはいかなかった。当日の1時の部を見学。この日の出演は、大島山瑠璃寺の獅子舞(長野県)、大塩天満宮の毛獅子(兵庫県)、千本六斉念仏(京都府)、下手向の獅子芝居(岐阜県)、伊勢大神楽(三重県)。獅子とひとくちにいってもまったく別の芸能で、面白かった。伊勢大神楽は、鈴の舞、四方の舞、跳びの舞、魁曲。ふだんでは考えられない獅子舞のオンパレード。時間の問題でいずれの演目も簡略化して、コンパクトな印象をうけた。もっともいつもの総舞を見慣れている人間には、ちょっと物足りなかった。しかし、リハーサルもできずにこれだけできれば、上出来だろう。明日は神田明神の奉納。天気と怪我をしないようにと願っている。

posted by zatugei at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

山本光洋ソロライブ

KC330017.jpg山本光洋のソロシリーズ、「かかしになるために 5」その1.演目は次の通り。1、セミのようなもの。2、ラヴィアン山本。3、育てる。4、棒で遊ぶ。5、朝の人。6−1ピーちゃんとルーちゃん。6−2、童神。7、宙(そら)の人。8、チャーリー山本。昨年の3月以来のソロライブとのこと。いずれの作品も凝った作りで、たいへんレベルの高い一夜だった。1はセミの一生に人生を重ね詩情豊かにまとめた佳作。3はシュールで不気味な作品。5は朝、目覚め・顔を洗い・歯をみがく・・・という基本マイムをやっただけだが、見事なもの。6−1は手の指を脚に見立てたダンスで軽いネタ。つづく6−2はかなり重いネタなだけに対比が際立った。7は宇宙ステーションにインスピレーションを得た作品か。8はすでに定番。これを見るとすべてまるく納まったと感じる。6−2以外はたぶんすべて新作。その創作力には脱帽。

posted by zatugei at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

高野長英

SN3J0441.jpg先日、コンサートを聴きにいった青山のCayの入り口にあった石碑。高野長英が捕縛された場所だという。たしか蛮社の獄でつかまったあと、火事で牢を解き放たれ、そのまま逃げたものの、逃亡生活の最後は、町医者として生活しているところを幕府に密告されてつかまったのだと記憶している。京都には町の中に突然史跡があったりするのは、それほど珍しくないが、東京の街中でこういうものを見るのはとても少ないような気がする。

posted by zatugei at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

雑芸団例会

SN3J0445.jpg今年の夏に行なう浅草での催しの打ち合わせ。今回は金子ザンくんの一人芸をフューチャーしようと考えている。そこでザン君にも来てもらって初めての話し合いを持った。

posted by zatugei at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑芸団の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

cayのライブ

SN3J0444.jpg青山のレストランで、ライブスポットでもある「Cay」で、三上敏視さんが神歌を歌うと聞き、出かけた。催しは細野晴臣さんのごく内輪のライブで、場内にはいると、細野さん、高田レン、高橋ユキヒロなどが、ステージちかくで飲んでいる。そのほかにもいわゆる業界の人たちがいて、いつもの大道芸の人種とはだいぶ雰囲気が違い、かなり戸惑った。演目はまず、神歌(三上)。春駒のとき歌ってもらったもののほかに、映像をバックにし、だいぶアレンジしたものを歌った。花祭の場内のトランス状態がこの場内にも感染してくる感じが面白かった。次が手品。わざわざ福島県からお呼びした加藤さんという学校の先生。素人くさいのだが、人柄がそのまま出ていてとても面白い。プロのマジシャンではこうはいかない。つづいてコーネリアスというバンド。どうやらこの夜のメインは彼らだったらしい。4人のバンドで女性のドラムと三人のギターという編成。アコースティックだが、映像が流れるなか演奏しつづける。音楽についてはなんとも言えないが、映像を見ながら演奏しているのではないのに、映像とぴったりあっているのに驚く。その映像も実に凝っている。いったいどんな練習してるんだ。つぎにサケロックというバンドの星野某が入って、そのあとお目当ての細野さんが登場。弦楽器に高田レン、アコーディオンにコシミハルが入って、映画音楽を4曲。軽く流しているのだが、こういうのんびり感がファンにはたまらないのだろう。最後に高橋ユキヒロが出て細野さんと世間話。「細野さん、いいよね。プロの人たち従えて好きなことやって。しかも細野さんだけシロウトなんだもん」というようなことを言って、場内爆笑だった。こういうライブが¥2000.オノヨーコや坂本竜一なども出たことがあり、毎月やっているとのことだが、告知はインターネットに一週間ぐらい前に出るだけなのだそうだ。それでも、この日は300人以上は入って身動きとれないほどだった。東京でなければ考えられない催し。

posted by zatugei at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

アジア月報2月号アップ

大道芸アジア月報の2月号をアップした。今月は、意外にも催しが多く、裏面までイベント情報がはみ出してしまった。一応は正月の「はるこま七福神めぐり」の簡単な総括もしておいた。表紙のページには、昨年12月24日の伊勢大神楽「魁曲」の写真を載せた、今月30日は国立劇場に出演。翌日、急遽決定した神田明神の奉納神楽についても告知しておいた。
posted by zatugei at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑芸団の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

江戸の味わい祭り

SN3J0440.jpg墨田区役所うるおい広場で開催された江戸の味わい祭りに招かれた。祭は台東区と墨田区で協力して行なった催しで、料理人の柳原一成さんが作ったメニューを両区の有名店が期間限定で発売するといい、その試食会がメインの催し。3000食用意したとのことで、10時半に会場に到着するとすでに長蛇の列ができていた。我々の出演は12時15分と2時半。一回目はちょうどお昼時で、暴動でも起きはしないかと心配したが、案外のんびりと、イスに座ってみてくれる人が多く、良い会となった。メンバーは私と由紀、それに三味線の黒沢(がまや)に来てもらった。三味線は野外では音が小さく、雨では使用できないのでかなり冒険だが、今日は天気も良く、マイクの状態も良好で、評判が良かった。チンドンで流したあと、民謡を一曲(一回目はデカンショ節、二回目は花笠音頭)、棹の曲、皿回し、ボール回し、大黒舞、最後は金輪の曲。約35分。寒くてお客さんはたいへんだったと思うが、楽しんでみてくれた。2回目は客席が日陰になり、最初は誰もいなかったが、開演前に舞台裏で黒澤くんが民謡を手慰みに弾いているとだんだんとお客さんが集まってきて、開演時にはけっこうイスに座る人も出てきた。今年小学校に上がるというリサちゃんという少女が皿回しを手伝ってくれて、おまけに足の裏を頭につけるコントーションまで披露してくれて、妙に盛り上がった。われわれまではなんとか野外で公演できたが、かっぽれの方達はかなり苦しかったらしく、最後の太神楽の人たちは室内に変更になった。寒かったものの、お客さんの熱気に手助けされて、とてもよい演芸会になった。

posted by zatugei at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑芸団の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

お祝の大道芸

SN3J0433.jpg都立学校事務職の方達の組合に呼ばれてお祝いの大道芸。新宿のホテルのパーティ会場で、いろんな方達の挨拶のあとで、おにぎやかし。時間もないので、チンドンですこし練り歩いたあと、傘まわし。そのあと玉すだれ。約20分。こういう場には珍しく、みなさん熱心に見てくれて、盛り上げてくれた。

posted by zatugei at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑芸団の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

新春18切符

SN3J0432.jpgダメじゃん小出の横浜にぎわい座でのソロライブシリーズ「黒く塗れ」の臨時便。今回は鉄道ネタ特集。木戸口で演者自身が切符を切ってくれて入場。開演前の音楽も「あずさ2号」などの鉄道の歌。演目は急行能登で大阪に行く話、鉄道フリークの分類をマクラにして、鉄道で相撲取り組み。南武線と横浜線のつぶやき、京急の秘密、ガーラ湯沢の嘆き、改札口より愛をこめて(これはサンキュー手塚の旧作)、駅のブルーライト、そしてメインは寝台特急「はやぶさ・富士」乗車記。最後の演目は昨年口演したもので、おそらくその再演が今回の眼目だったと思う。前回は乗車した直後で、その熱気がそのまま伝わってきた。今回はそれに比べるとだいぶ落ち着いていた。前回は切符を買うところから始まっていやがうえにも、演者のこの列車に乗るのだという意気込みが伝わってきたのだが、今回はそれを省略したぶん、落ち着いたように思う。こういう思い込みのネタは、やればやるほどテンションが下がっていくとは思うが、練りこんでいくことでレパートリーにできると思う。一般のものには知らない事項の説明もフーセンやシガーボックスを使っての説明、鉄道音の口真似など、落語や講釈とはまた違った表現の可能性も探っていて、これは何度でもやってほしい。

posted by zatugei at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

伊勢大神楽の奉納決まる

SN3J0430.jpg伊勢大神楽講社の加藤菊太夫組が1月30日の国立劇場民俗芸能公演に出演のため上京する。この機会に神社へ奉納したいという菊太夫親方の要望で、神田神社への奉納が決まった。日時は、1月31日(日)11時より12時ごろまで。本殿で正式参拝のあと神前で獅子舞奉納。その後、本殿まえ、石畳に移動して、獅子舞と放下芸の奉納。舞台での芸能鑑賞とはまた違った伊勢大神楽の一面を見ていただけるものと思う。どうかこぞって神田明神へご参拝ください。

posted by zatugei at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

絵解き研究会

SN3J0429.jpg絵解き研究会の勉強会が明治大学で行なわれた。関西学院大学大学院生の原さんが「脱衣婆の変遷」と題する研究発表。徳田先生、吉原先生といった論客に加え、大島先生も主席され、特別に豪華な研究会となった。

posted by zatugei at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

一陽来復

SN3J0428.jpg早稲田の穴八幡神社で配布している金銀融通のお守り「一陽来復」。冬至と大晦日と節分の深夜12時に、恵方に向けて貼るのだという。数年前に興味本位から家の守りにしている。ただ神社で購入するだけではなく、決められた日の、決められた時間に、決められた方向に向けて、貼るという厳しい条件が、なんとなく効果があるように思わせてくれる。今年も節分に貼るつもり。

posted by zatugei at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

風邪気味

SN3J0427.jpgK百貨店で開催中の「全国駅弁とうまいもの大会」で買って来てもらった「しょうが糖」。¥500と少々高いが、風邪気味の体にはとてもおいしい。催しは今日までだったので、二袋買ってきてもらった。ついでに小豆の甘納豆も購入。今週末は野外なので体調を万全にしておきたい。

posted by zatugei at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

とうがらし口上

SN3J0424.jpg内藤とうがらしプロジェクトの最終日。内藤とうがらしの歴史(井上正敏)、やげん堀七色とうがらし口上(上島)、俳句からみた江戸とうがらし文化(向笠千恵子)、とうがらし食育講座(宮崎理恵)。今日も昨日にひきつづき唐辛子三昧だった。口上自体は1分もあれば終わるので、大正演歌やそのほかの物売り口上も交えて約二〇分ほどの実演をおこなった。やげん堀唐辛子の出張販売用道具箱が展示された場所での実演なので、見ている人たちはわかりやすかったと思う。私は、いつもは唐辛子の薀蓄を語るのだが、それはほかの人たちが懇切丁寧に説明してくれているので、思いのほか緊張した。しかし、勉強になった二日間だった。同時に20年前にいろいろと唐辛子について調べたことが、それほどでたらめでもなかったことがわかったのもうれしかった。今回の催しでいくつも新しい発見と、大道芸をやっているだけではお会いできない人と会うことができて、想像以上の楽しい催しだった。宮崎さん考案の「チリコンカン」とチョコフォンデュ。たいへんおいしかった。ついでにいえば、ここ新宿御苑のカレー、¥500だが、とてもおいしかった。けっこう穴場だと思う。

posted by zatugei at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 巡業記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

祝福芸の世界

2月11日の「しが芸術創造館」で行なわれる公演。正式のタイトルは次の通り。「近江路に風光なむ−祝福芸の世界とじんけん」。第33回人権尊重と部落開放をめざす市民のつどい。主催は草津市人権擁護推進協議会、草津市、草津市教育委員会、人権啓発活動湖南・湖西・甲賀地域ネットワーク協議会。問合せ・草津市立人権センター「ぴーぷる」。
posted by zatugei at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 巡業記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内藤とうがらし初日

KC330080.jpg新宿御苑のインフォメーションセンターを会場に明日まで開催。七味唐辛子はやげん堀唐辛子(浅草)と八幡屋磯五郎(善光寺門前)が出品。それに唐辛子で町起しをしている栃木県大田原市も。大田原のサンタカという種は、内藤唐辛子を祖とする種とのこと。無くなりかけていた江戸・東京の野菜が不思議な縁でつながった例で、ほかの野菜にもいろいろな物語があるようで、面白かった。明日はいよいよ私が「七色唐辛子の口上」を実演する。今日、講演されたかたに負けないようにがんばりたい。それを終えたら、おいしい内藤唐辛子料理をいただく予定。時間があるかたはぜひおいでください。入場無料です。

posted by zatugei at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能観覧記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

内藤とうがらしプロジェクト


唐辛子はがき.jpgいよいよ内藤唐辛子プロジェクトが明日からとなった。その昔、新宿かいわいは唐辛子畑で、内藤唐辛子といわれて新宿の名産だった。最近の地産地消、あるいはスローフードの流れのなかで、この名物を見直してみようということになったようだ。あさっては私の「七色唐辛子口上」も実演する。ぜひご来場を。入場無料です。
posted by zatugei at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 巡業記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

祝福芸の世界

SN3J0407.jpg2月11日、滋賀県の草津で、祝福芸の世界」の公演が行われる。コーディネーターは徳島のデク回しの辻本一英さん。出演は、阿波デコ箱回しを復活する会、伊勢万歳、太鼓集団「魁」、猿舞座、そして私もポスターに書いてもらった。祝福芸をこれだけ集めた催しは、バブルのころは似たような催しもあったが、最近では珍しい。

posted by zatugei at 21:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 巡業記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

電気の史料館

SN3J0406.jpg川崎にある東京電力の「電気の史料館」がラジオにテーマをとった展示をおこなっている。ラジオ番組の聴取者プレゼントを出展した関係で、見学にいった。こじんまりとしているがなかなか面白い展示だった。ついでに常設展を見る。これがなかなかのもので、たっぷり一時間かかった。圧巻は水力発電のタービンで、クジラを連想した。夜、大道芸塾の一月例会。「はるこま七福神めぐり」とすみだ郷土文化資料館での発表の反省点なども出された。夏の催しについても原案を出した。1月31日に神田明神でおこなう伊勢大神楽の奉納についても話しあった。

posted by zatugei at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする